2017年4月26日水曜日

ドイツ発祥といわれるIndustrie4.0を探る視察④

自動車部品大手で、産業機器、消費財・建築関連機器(電動工具(パワーツール))などを扱う巨大企業(非上場)。

グループを含め全社員は37万5千人、子会社関連企業は約440社もあるとのこと。

グループ全体での売上高は70.6 billion euros(約8兆4千億円)で、内60%が輸送機器関連とのこと。

16年では約1兆円にもなるディーゼル関係では、内アジアが33.4%を占め、EUでは横ばいに対してアジアは7.5%も成長しているとのことで重要視しているとのことでした。


こちらの工場では高圧燃料噴射ポンプ(CP4)の生産ラインを中心に、Industrie4.0の取り組みも含めて案内頂いた。

社内設備、主軸スピンドルの使用状況をデータ化して、摩耗の状況などを把握することでタイムリーな交換を行っている。

効果として見込めるのは、トラブルや故障による時間のロスを削減できること。

人の関わる部分を少なくして効率化に努めているとのことでした。


その効果についても質問しましたが、作業時間は△12%改善し、スピンドルの在庫量も△20%削減できたとのこと。

IoT活用による改善活動として学ばせて頂きました。

(→広大な工場敷地内には緑も多く、社員の方々がくつろぐ姿も見えました。)

シュツットガルトでRUNNING

 
ランニングを趣味とする私としては、是非ドイツの街を駆け抜けてみたい!!との思いから早朝ランニングを決行!

(→シュツットガルトで見た日の出。)




日本から持参のランニングシューズにGARMINの腕時計を装着しドイツの街を快走。



気温は走り始めは1℃と冷え込むものの、走り始めるとすぐに体は温まりました。

NIKEのアプリ、RUNNINGでMAPを見ながら今朝は6.3km。



次第に日が昇り、小高い丘の上から見下ろす町並みは童話の世界のようです!













街中のどの建物もデザインが良く、見るものすべてにドイツらしさを感じることが出来て楽しめました!
 







2017年4月25日火曜日

ドイツ発祥といわれるIndustrie4.0を探る視察③

先日紹介しましたように、ここStuttgart(シュツットガルト)はDaimler(ダイムラー)やPorsche(ポルシェ)など世界的な自動車メーカーが本社をおく工業都市です。

今回はPorsche(ポルシェ)の本社工場を見学させて頂きました。

こちらの工場ではCayman・Boxster・911の3車種を生産されていました。
(→本社前のオブジェです)



工場の敷地が限られているため、拡張するには上にするしかなく、4階建ての構造にされており、工程的には非常にやりにくい中、そこを上手く改良してライン生産されているのが特徴的でした。



ライン中で部品の中間仕掛品の待機時間は3h~5hと限られており、それはまさに“JIT方式”でこれらは日本の技術者からの指導の下導入されたとのことで、日本のものづくり力がここでも発揮されていることが印象に残りました。


部品の約90%が独製で、工場から200km圏内から仕入れているとのことで、残り10%がフランスやオーストリアからの調達しているとのこと。基本的には自国でのものづくりにこだわられていました。
(名車ポルシェをつくるには、やはりドイツの技術力でなければ出来ない!というこだわりです)




現在試験走行中であるが、2020年にはポルシェも本格的に電気自動車を出すとのこと。

高級車ポルシェもまたEV化という時代の流れにより変革されている様子がよく分かりました。



2017年4月24日月曜日

ドイツ発祥といわれるIndustrie4.0を探る視察②

Stuttgart(シュツットガルト)からのレポートです。

ここシュツットガルトは人口約60万人の都市です。
ダイムラーやポルシェ、ボッシュなどが本社をおく工業都市でもあります。

今日お邪魔したのは、地元ドイツの中小企業であるSitec社。


高精度高品質をモットーに自動車部品製造企業(ZF社)を中心として、鉄道関係や計測器などの機械部品を製造されている。

社員数は約100名程度で、創業者が1990年にガレージから始めて2004年にシュツットガルトに支店を出し2006年に本社工場が完成。

55台の高機能の工作機を2つの工場内に有し、年間の売上高は日本円で約19億円。

工作機の内約75%がDMG製を使っているとのことで量産品はもちろん試作品からスペアパーツなどの小ロット品もこなしている。

ZF社を通じてポルシェやアウディの仕事をしているとのことだが、リーマンショック後の2009年にはもともと自動車関連の仕事が80%だったのに対して、その大きな落ち込みを経験してからその比率を30%~35%程度におさめているとのこと。

自社の技術力をいかして技術コンサルティングやコーチングなどトレーニングもビジネスとして力を入れている。


自社の哲学は「お客様の成功のために、より精度の高い仕事をする」で、品質を一番に考え、高い生産性と柔軟な対応が大切とのこと。

こちらの社長の意見としてはまだIndustrie4.0・IoTの活用についてドイツで注目されているもののまだ具体的に落とし込み切れていないと感じるそうだが、工場見学させて頂いた印象としては、複雑な部品加工を4軸・5軸のマシニングセンターを自社の油圧治具を利用して複雑な製品を多々加工されており、プログラミング技術も含め相当ハイレベルなことにどんどん取り組まれている印象でした。

2020年に向けて更に新工場を建設予定とのことで、優秀な人材を育ててこれから更なる飛躍を遂げられると感じました。

2017年4月23日日曜日

ドイツ発祥といわれるIndustrie4.0を探る視察①

お客様の協力会にて定期的に海外視察による学びの機会を頂いております。

今回の視察先はドイツです。

ドイツ発祥といわれるIndustrie4.0とIoTの活用実態をみてその本質を探るべく行って参ります。



関西空港に8:00集合。(地元岡山を5:00頃出発、あたりはまだ真っ暗です)

10:00発のLufthansa741便で約12時間のフライトでフランクフルトへ。

チャーターされたバスに乗り換え、一路ドイツ南西部の都市、Stuttgart(シュツットガルト)へ。




 
(上の写真はドイツのアウトバーン(高速道路)と、田園風景です)

明日はそのシュツットガルトからお伝えします。